豊島区 リフォーム 日本ハーベスト

head_16.jpg
     

  • HOME
  • 浴室リフォームのポイント

浴室リフォームのポイント

浴室リフォームのポイント

浴室のリフォームをするうえで失敗をしない為にも、しっかりとポイントを抑えておきたいものですよね。
こちらのページでは、システムバスのリフォームをするうえでの3つのポイントをご紹介していきたいと思います。
sazana_mm14.jpg

浴室リフォームのポイント① リラックスできる空間に

浴室は体の汚れを落とすだけでなく、日々の疲れをリフレッシュするための
時間を過ごす、癒しの空間でもあります。
「今日は疲れたから、お風呂に入ってゆっくりしたい」そんな風に感じた
ことはありませんか?

足をのばしてゆったりと入れる大き目のサイズの浴槽にしてみたり、
陽当りが良いのであれば開放的な窓を取り付けてみるのはいかがでしょうか。

お風呂のリフォームを、単なる浴室の交換と考えるのではなく、
空間にこだわり、お客様にとって居心地のよいリラックス
できる空間へ
作りかえるものとイメージして下さい。
お風呂 浴室リフォームのポイント 
 

浴室リフォームのポイント② お風呂には危険もいっぱい

お風呂には、思いもよらない危険も潜んでいます。

例えば、浴室の床は水や石鹸で濡れており、大変滑りやすくなっています。
当然ではありますが、入浴の際は洋服を脱いで裸で入ります。
洋服を着ていれば防げることも、裸という無防備な状態では
ケガに繋がるリスクも高くなります。


水栓金具などの取付位置にも注意が必要となります。
洗い場の側面や背中側の壁に金具があると身体をぶつけやすく、大ケガをしてしまうことも。水栓金具は洗い場の正面に付け、出来る限り凸凹の少ないシンプルなデザインを選んでみてはいかがでしょうか。


そして意外な危険が、「使いやすいタオル掛け」です。立ち上がる時、丁度いいところにあるタオル掛けを、ついつい掴んでしまうことはありませんか?
よろけた時にとっさに掴むと普通のタオル掛けでは体重を支え切れないため、外れてしまいます。全体重を掛けて転んでしまうと大ケガの元になり大変危険です。
タオル掛けを掴みにくい位置に取り付ける。手すり、もしくは手すり兼用の丈夫なタオル掛けを取り付けましょう。

ヒートショックにも注意が必要です。ヒートショックとは温度差によっておこる急激な体調変化のことで、寒くて震えたり、心臓がドキっとしたりする現象です。血圧や脈拍が急上昇するため、身体に大きな負担がかかり、死亡事故につながるケースもあるのです。浴室内や脱衣所の温度差を減らすことでリスクも軽減できますので、こちらもリフォームするうえで重要なポイントとなります。
 
bath_point02.jpg
シャワー用のスライドバーと手すりの
機能が兼用となったものも

浴室リフォームのポイント③ 未来・将来を見据えて

ユニットバスのリフォームは決して安い買い物ではありません。
せっかくリフォームをするわけですから、長い目でリフォームのプランを
考えて頂ければと思います。

お客様自身で上手く将来の事がイメージできない場合には、
専門の業者に相談するのも良いかもしれません。

ご年配の方へ向けたプランから、小さなお子様がいらっしゃるご家庭への
プランまで、豊富な経験の中からお客様自身に最適なプランを提案してくれるのではないでしょうか。
 

お子様やお孫さんと一緒に入れる様、
ゆったり設計された浴槽も。

浴室リフォーム事例一覧
リフォーム事例一覧
はじめに 案内 声
 

 

日本ハーベストへのご相談、お問い合わせはこちらから


お問い合わせ 日本ハーベスト お見積もり 日本ハーベスト 資料請求 日本ハーベスト
日本ハーベスト